キャッシングの審査

MENU

キャッシングの審査で重要になる「属性」とは

キャッシングやカードローンの審査では、必ず申込み希望者の「属性」をチェックされます。この場合の属性とは、年齢や勤務先、収入などの個人情報のことを指します。お金を貸すかどうかの審査ですから「地位が高く、年収が多ければ審査に有利なのではないか」と思われがちですが、必ずしも高所得者や管理職が優遇されるというわけではありません。現に管理職にあっても審査を通過することができなかった、という体験談も寄せられているようです。
審査において特に重視される項目は、「安定した収入があるか」と「毎月継続して返済できるか」という、所謂「返済能力の有無」をチェックされます。重視項目は、金融業者各社少しずつ異なりますが、「収入」面が重視される、という点において変わりはありません。また勤務先・住宅ローンや家賃の負担額・勤続年数・年齢も重視する業者が多い傾向にありますが、これらのすべてに「返済能力」という点がかかわっていますので、あまり大きな違いは見られないようです。
属性の他にもう一つ重視される「信用情報」というものがあり、これは申込み希望者のキャッシング・ローン・クレジットカードの利用履歴です。これらの情報をもとに融資の可否や融資可能額を判断しているのです。
「属性」というと一見難しそうに思えますが、実は銀行や消費者金融で掲げている利用条件のことであると考えればほぼ間違いはないでしょう。利用条件を満たし、なおかつ信用情報になんの問題もなければ融資を受けることができる可能性は高いと言えます。