専業主婦がキャッシングする方法

MENU

総量規制の影響を受けずに専業主婦がキャッシングする方法

総量規制が導入されてから専業主婦がカードローンを利用するのは難しくなりました。年収の三分の一までしか借入できないとする規制ですので、そもそも収入がない専業主婦にとってはまったく借りられなくなります。しかし、そのような状況の中でもお金を借りることはできます。方法は二つあり、一つは配偶者貸付けを利用する方法です。夫婦二人の借金が夫の年収の三分の一を超えなければお金を借りることができます。これには夫婦関係を証明する書類、夫の同意書など必要な書類が多いですので手間がかかります。金融会社も手続きが煩雑になるため、デメリットが大きくサービスを提供していないところも多くあります。また、女性の中には家族に内緒で借りたいという人も多く、夫の同意書が必要になることは利用する上での大きなネックとなるでしょう。それよりも簡単なのが消費者金融ではなく銀行で借りる方法です。銀行は総量規制の影響を受けていませんので、年収の三分の一以上でも貸してくれます。専業主婦の場合は収入がないので限度額が少なく設定されていますが、ほとんどの場合、おおむね50万円くらいを限度に融資してくれます。これくらいあれば、日常生活で困ることはないでしょう。銀行の中には専業主婦を対象にしたキャンペーンを実施しているところもあります。夫に内緒で借りたいといった場合や、生活費が足りなくなってお金を借りたいという場合には銀行のカードローンがおすすめです。
佐賀共栄銀行